MENU

車買取でよくあるトラブル

 

車買取でよくあるトラブルは、契約の前後どちらにも起こります。

 

買取契約前に起こるトラブルでは、見積費用に関する事で現在は殆どの業者が無料で行いますが、中には実際に査定を依頼したところ見積料金が必要になってしまったケースや出張費用を請求されるケースもあります。

 

他にも双方が買取契約を急いでしまったため、トラブルに発展する時もあります。

 

業者としても売却側の利益を考えて、早めに売却しないと価格が下がる等と提案し、売却側もより高値で売却をしたい考えもあるため契約の詳細をきちんと確認せずにトラブルが起こる事があります。

 

また、売却する側も複数の業者へ査定依頼し、できるだけ高値で売却しようとしますが、その間頻繁に電話やメールで催促の連絡をしてくる業者もあります。この様に担当者がしつこいケースはよくトラブルに発展します。

 

車買取契約後に起こるトラブルは、車を引き渡した後にキズや故障が見つかり買取金が減額されるケースです。

 

本来ならプロの査定士が車を見てその時点でキズや故障などが見つかっていない場合は、査定士の見落としのため売却側に落ち度はありませんし減額される理由もありません。

 

しかし、自動車売買の契約書に”減額について明記”しているのであれば、我々売却側も減額要求される事を納得した契約を結んだ事になるため、
減額に応じなければならないケースもあります。

 

※契約時にはきちんと確認しましょう!!

 

他にも契約を済んで、愛車を車を引き渡したにも関わらず、買取店側の手続きのミスで代金が入金されないトラブルもあります。

 

このケースの場合は、業者が倒産した可能性(※中小企業に多い)もあるため、契約前に車の引渡し後何日まで代金が入金されるか
、必ず双方で確認する必要があります。契約後に関する事で、例えば契約をした後に他の業者の方が高値であったと言う事もよくある話です。

 

その際に他の業者に売却する場合は。キャンセル料を請求する業者もありますので、これも契約前に必ず確認する事項になります。

 

車買取のトラブルは、とにかく契約書をよく確認する事であり、必ず双方で1つずつ確認しながら契約を勧めるべきです。"