MENU

下取りと買取の違い

 

自動車を処分するときには、そのまま廃棄するのでは費用がかかってしまいます。

 

しかし、下取りや買取であれば、ある程度の収益が入るので次に購入する自動車の代金に充てることが可能です。

 

では、下取りと買取の何方を選べばよいのかというとき、両者の違いを理解しなければ決めることは出来ません。

 

 

下取りというのは、車を購入したお店に使っている自動車を売って、新しく購入する自動車の代金に充てるというものです。

 

キャンペーンなどを利用すれば下取り価格が上乗せされることもありますし、他の店舗を比較検討する手間も省けます。

 

しかし店舗としては最高値をつけなくてもユーザーが利用してくれるということもあり、満足できる下取り価格にならないこともあります。

 

買取は、今乗っている自動車を現金で買い取ってくれるというものです。こちらは、新車を購入するのはその店舗でなくても良いし、
免許を返上して廃車をするというときにも使えます。オプション品などがあれば更に高値をつけてくれるし、既に生産が終了したモデルで人気の自動車にはプレミア価格がつけられることもあります。

 

しかし、最高値をつけてくれる店舗を探し出すのは、かなりの手間と時間がかかる作業です。

 

もしも、高値買取をしてくれる店舗を見つけ出したとしても、最終的な買取価格を決めるためには、何度も交渉しなければいけません。

 

必要な手続きを簡素化してくれる下取りが良いのか、高い値をつけてくれる買取がよいのか、何方を重視するかによって決まります。